釣り

土曜日、会社の釣り倶楽部で能登のイカダ釣りに行った。
久し振りに小さい子を釣ってしまった・・・海況が悪くイカダも風で揺れ本来の楽しさにかけたのが残念だが、会社の同僚と楽しいひと時を過ごせ良かったと思う。
b0176757_19521322.jpg

帰り際、会社の同僚が一言
黒鯛釣りが一番け?と言った。
ワタクシ、少し考え「今はハマっています」

さて、ワタクシ事ですが多少ではありますが黒鯛以外の釣りも少々やってまいりました・・・釣りでありますが、釣りってなにが楽しいのでしょうか??
やはり人間の本能みたいなものが働くのかなぁ、

ワタクシ的な考えですが釣りとは、「釣り人と魚との戦い」かなぁ、なんて思います。
競技では人との戦いとなりますが、へたっぴーなワタクシ・・・限られた時間でどうやったら黒鯛君が口を使うのかな?!とあれこれ試しているのでまったく余裕無しっす。
と言いつつ「誰よりもいっぱい釣りたいぜ!!」とか「凄くデカイヤツを釣りたい!」というのが釣り師の性というものでしょう。
人に迷惑を掛けず自分が楽しいのであれば他人には理解不能な拘りがあっても良いのでは?と思う。
まずは「釣りは楽しいもの」でなければならない。と思う。
楽しもうぜ!釣り!!って誰に言ってるのかなぁ・・・よく判らんくなってきたが・・・
釣りで苦しむなんて面白くないぜ、なんだかんだ言っても「魚と自分との戦い」なのだから!
と、特に意味の無い独り言ですた。
[PR]
by shibusan58 | 2014-10-12 20:36 | ひとり言